西中の男の子からお土産いただきました!

西中の修学旅行は今年も富士急ハイランドでしたね!

いや~富士急ハイランドと言えば山口でしょ?

最近は全然行けておりませんが、前職の頃には毎年通い詰めていましたね~。

山口ほどの富士急プロになると、『一日でフジヤマ8回、ええじゃないか5回、ドドンパ5回、高飛車3回』という伝説的な記録を持っています。

コツは平日に代休を取ること(※もちろん最近は行ってませんよ!)。

見ての通り、後ろのフジヤマも全然並んでませんね。

さぞかしH君も楽しんだんだろうな~と思って感想を聞いてみたところ…。

『いや…、すごい並んでて何にも乗れませんでした…。』

なんですと!?

聞けば行ったのが土曜日だったとのこと。

いや~先生方!

ダメですって土日祝に遊園地に行っては!

人気のアトラクションともなれば、『待ち時間8時間』なんてのも当たり前!

もうぜひぜひ来年からは、山口に修学旅行の総合プロデュースを任せてほしいですね!

それはさておき…。

そんなH君からめちゃくちゃ嬉しいお土産をいただきました!(※催促してないですよ!みなさん自分の好きなことにお小遣い使ってくださいね!)

『先生方みなさんで食べてください。』

いや~めちゃくちゃ嬉しいじゃないですか…。

塾の人間の山口がこんなこと言うのはなんですが、学歴なんかよりもこういうのが本当に大切だと思います。

どんなに高学歴を手にして、どんなに高収入の仕事に就けたとしても、人への感謝の気持ちや慈しみの心もなく、自分の失敗を他人のせいにして生きるような人生では何も楽しくないでしょうから(※もちろん、私たちは学習塾の人間ですから、結果にはとことんこだわりますが)。

手前味噌ですが、うちの塾生はみなさん本当に素晴らしいですし、こんな素敵なお子さんに育ててくれたお父様お母様方に本当に感謝感謝ですね!

そんなわけでこの高飛車チョコレート、みんなで美味しくいただいております!

H君本当にありがとう!

とはいえ!

塾生のみなさんはもちろん、お母様方も私たちに差し入れなどはご用意いただかなくても大丈夫ですよ!(もちろんす…っごく嬉しいですけどね!)

そのお金でぜひぜひご家族で美味しいものを食べて幸せになってもらった方が私たちも嬉しいです。

去年も合格の報告の際に、たくさんのお菓子を頂戴しましたが、印象的だったお話が二つあります。

ひとつは名工大に挑戦したT君。

共通テストではしっかりと高得点を取れたのですが、惜しくも本番の二次試験でわずかに届かず、私立大学も一切受験せず、今は河合塾に通いながら今年も本命に挑戦中です。

そうなんです。

彼は受験では涙を流したのにもかかわらず、『3年間お世話になりました。』と挨拶に来てくれたのです。

もう自分の力不足に歯がゆさを覚えると同時に、彼の未来が幸溢れるものであることを確信しました。

模試の結果も思うような結果が出ず、最後の模試も550点、でも最後の最後花開いて、共通テスト本番では660点。

ただ、それでも第一志望の名工大にはボーダーギリギリだったのですが、背水の陣で第一志望一択、敗れはしましたが本当に全力を尽くし切った受験だったと思います。

そんな彼を最後の最後に勝たせてあげられなかったのは、偏に私の力不足です。

でもその3年間、彼は学力だけではなく、人として本当に素晴らしいものを手にしてくれたと確信しています(もちろん、それは彼のご両親のたゆまぬ愛情と、T君本人の努力に尽きるのですが)。

ふたつ目は第一志望の広島大学に合格した女の子。

こちらの女の子も下宿先を探しに行った広島からの帰りにお菓子を買ってきてくれたのでした。

ただ、入学式には新幹線ではなく、バスで行くとのことでした。

理由を聞いてみたところ、『できるだけお金を節約したいので…』。

もうね…、いやもう本当に感動しました。

いやいやもうお土産代を新幹線代に充ててくれてよかったのに!

高校3年生の女の子なのに、人への感謝の気持ちを常に忘れることなくしっかりと優先させて、自分のことはしっかりと自己管理ができている。

本当に18年間ご両親の素晴らしい愛情と教育を受けたことが分かります。

そして当塾の誇りは、そんな素晴らしい塾生と保護者様に選んでいただけているということ。

もうこればっかりはどこにも負けないという自負があります(もちろん合格実績でもどこにも負けませんが)。

そして、そんなみなさんだからこそ、毎年毎年素晴らしい結果を出してくれるのだと思います。

逆に言えば、結果が出なかったとき、思うようにことが進まなかった時に自分のせいにできず、他人のせいにしてしまうようでは、自己を改善することができないですからね。

『テストで思うような点が取れなかった』⇒(自分のせいじゃない!学校や塾の先生の指導が悪かったからだ!)

これでは己を省みるような思考回路は生まれませんからね。

これを言っては身も蓋もないのかもしれませんが、受験で良い結果が出たのであれば、それはすべて本人の努力の賜物。

逆もまた然りで、結果が出なかったのであれば、それはただの本人の努力不足です。

『甲子園に行けなかったのは監督やコーチのせいだ!(自分の練習不足のせいではない)』なんて高校球児がいたら『え!』って思いますよね??

・・・と、思わず塾生の男の子が持ってきてくれたお土産から、何だかとんでもないところに話が脱線してしまいましたが、受験生のみなさん、『大学入学共通テストまであと79日、公立高校入試まであと132日』となりました。

常に自分を省みてください。

一日一日全力を尽くして、もしも学習が不十分だったのであれば、何が原因だったのかを考えてみてください。

その原因に向き合わずして、究明することなしに自己の改善などありえません。

その原因が他者や他の原因であることは案外すくないはず。

たかだた受験ならその傷は少なくて済みますが、君が社会に出た時、また素晴らしい友人に出会う機会があったとき、自分の失敗を他人のせいにしてしまうような君ならば、最高の仕事も最良の友人も、一生を共にする素敵なパートナーも得る機会を失うでしょう。

なぜならば、最高の仕事も最良の友人も、ましてや一生を共にするパートナーは、最高の君を求めているからです。

言い訳をする人に最高の仕事は回ってこないでしょうし、他人のせいにする同僚と行動を共にしたいと思う人はいませんからね。

君が将来家庭を持ったとき、君が何かを周りのせいにしたり、言い訳や愚痴を並べ立てるようであれば、君のお子さんも確実にそういう性格になります。

・・・てまた話が飛躍してしまいましたね。

冗長な話はこの辺にして、今日も一日頑張りましょう!

※山口の講習ですが本当に申し訳ございません。

空いているのは木曜日、金曜日、土曜日に1コマずつのみとなっております。

万が一埋まってしまいましたら、冬にスライドいたしますのでご理解とご協力いただきますようよろしくお願い申し上げます。

新規についてはしばらくの間は募集を停止とさせていただきます。

ご相談はいつでもお待ちしておりますので、お気軽にお問合せください。