偏差値60オーバーが続々出ております!

チラホラと高校1年生、2年生の模試の結果が返ってきました!

もう山口は先週くらいから雷を落とす気満々でして、『分かったかー!模試や受験を甘く見てんじゃねーぞー!(※そんなキャラではありませんので悪しからず)』とぶちかます予定だったのですが...。

みなさんすごいですね!

今のところ8名からご報告をいただき、内5名は英語か数学のいずれか、もしくは両方で偏差値60を超えており、内3名は総合偏差値が70前後といったところです。

ただ、厳しいことを言えば、英語数学以外の教科は大きく数字を下げている塾生もいるのですが、『今はこれで全然OK』です。

いや、もちろん全教科にわたって高偏差値であることが望ましいのですが、大学受験レベルの質と量で、5教科7科目全てを毎日網羅するのは難しい...、というよりも、はっきり言って不可能です。

それは、英語と数学に費やすべき時間がけた外れですので(※この2教科で3,000時間は必要になります)、今はこの2教科をしっかりとフォローしておいて、高校3年生になってからその他の教科を追いかけるというのが理想ですね。

古文や漢文、選択社会などは、今から追い込んでいっても、その知識を受験本番まで維持することが難しいため、とにかく現時点では英語と数学を固めておかなければなりません。

逆に言えば...。

英語と数学が覚束ない状態で高校3年生を迎えたら、ほぼほぼ難関大を目指すのは厳しくなります。

英語や数学などの、超重たい教科を高校1年生・2年生で放置しておいて、なぜ3年生で追い込めるのか?という話です。

そして英語や数学、特に英語は文系だろうが理系だろうが、国公立だろうが私立だろうが99%必須教科、英語が受験科目にない大学を探すのが難しいくらいです。

だから高校1,2年生のみなさん、ずばり他教科は取れなくてもいいです(もちろん今はという意味ですが)。

ですが、英語と数学、もしくは少なくともどちらかは、絶対に高偏差値を取っておいてください。

とはいえ。

もちろんその他の教科もまるっきり放置していいというわけではなく、少なくとも学校の授業で先生が教えてくださる内容ぐらいはしっかりと抑えておいでくださいね!

というわけで、当塾の高校1年生、2年生のみなさん...、いや、模試の結果が予想よりも良かったのでびっくりしました。

ただしこれに甘んじることのないようにお願いしますね!

特に2年生のみなさんは、これから周りのライバル(※”全国の”という意味で捉えてください)がどんどん受験に本腰を入れ始めますので、『基本的に偏差値は下がるもの』と思っていてください。

以前にも申し上げましたが、受験はフライングがいくらでもできるマラソンのようなもの。

走る距離は同じでも、どれだけでも早くスタートできるのです。

つまり、どんなに走るのが遅い人でも、2時間3時間前にスタートしていれば、オリンピックレベルのランナーに勝つことも可能、逆にスタートが遅ければ遅いほどゴールは遠ざかり...、

いや、遠ざかるというよりも、思っていたよりも全然手前のゴールに甘んじなければなりません。

だからみなさん、一刻も早くスタートを切ってくださいね!