※9月29日(木)から10月2日(日)までお休みをいただきます!何かございましたら、080-9492-0489までご連絡ください(山口)

というわけで、しつこいようですが休校のご案内です。

中間テストを迎える高校生も多いかと思いますが、この機会にしっかりと自宅でも勉強できるように習慣づけてくださいね!

さて、休校の告知だけではなんとも寂しいので、山口が尊敬している英語の先生が書いた書籍のはしがきを紹介させていただきます。

【英文解釈考:佐々木高政著】

なんと初版は1958年、はしがきを読んでいただければ分かるのですが、佐々木先生は第二次世界大戦中に出兵されていますので、なんと80年近く前の英語の先生ということになります。

この日本語の文章からも分かると思いますが、ま~語彙と表現力の豊かさに舌を巻いてしまいます。

それは英文和訳にも顕著に表れていて、戦時中、また戦後の先輩方は、こんなに勉強していたのかとあっけに取られてしまいます。

もちろん、みなさんが真似をする必要はありません。

客観的に見ても、大学受験の域をはるかに超えてしまっているので、コスパ的にはまったく良くないです。

しかし、勉強の本質が垣間見えるというか、実は私たちが取り組んでいる学習と言うのは、実は学問の入り口も入り口で、一生かけても終わらないものだということが良く分かります。

この佐々木先生の文章を読むと襟が正されるというか、まだまだ自分自身も勉強不足で、もっともっと頑張らないといけないなという気にさせられます。

おそらくは、こうして中高生のみなさんに指導させていただけるのも、あと20年ほどでしょう。

そうすると一抹の寂しさも感じますし、日々もっともっと自分自身が勉強して、みなさんに還元しなければと強く思います。

というわけで、塾生のみなさんと一緒に頑張りたいですね!

こんなえげつない参考書を手元に置く必要はありませんが、この佐々木先生のはしがきで、みなさんの学習意欲が鼓舞されるなら、幸いです。

いや、なんか単細胞な山口なんかは、こんなすごい方の書いた文章を読むと、(おぉぉ・・・、自分も頑張るぜ!)といとも簡単に触発されてしまうんですよね(笑

みなさんも同じように、そんな単細胞でいてくれると嬉しいのですが・・・。