西中学年8位!そして日本サッカーベスト16おめでとう!

ふ~・・・。

日本惜しかった・・・。

おそらくサッカー部のY君も相当悔しい思いをしたことでしょう。

いや、でもですね、山口のようなおっさん世代からすると、この大活躍は本当に信じられない。

何せつい30年弱前までは、日本がワールドカップなんて出場すら夢のまた夢カード状態でしたからね。

アジアすら勝ち抜くことができなかった。

それが最近ではワールドカップ出場は当たり前、今回もランキングでははるかに格上のドイツやスペインを倒してグループ首位通過なのですから、本当にものすごい進歩だと思います。

と同時に、やはり最後の最後、土壇場で強豪国に勝ち切るというところまでは至らなかったのかなとも思います(飽くまでも素人目線で)。

これは大学受験も同じことで、しっかりと勉強をして偏差値を上げても、最後の第一志望対策に間に合っていなければ、本当に手も足も出ないんですよね。

だから中学生のみなさんはしっかりと基礎固め、高校生のみなさんは一刻も早く第一志望を定めて、そこに必要な対策を取ってください。

同じ難関大の、同じ英語といっても、旧七帝大の中でも問題の難易度には格付けがありますし、早慶も医学部も、まったく違う問題が出題されると思った方がいいです。

東大や京大の対策を取っておけば、名古屋大学の対策を兼ねることはあり得るかもしれませんが、逆はあり得ません。

【西中のY君、西中学年8位おめでとう!】

というわけで、すごいぜ学年8位!!!

そしてY君とお母様、いつもご協力いただきましてありがとうございます。

今回は本当に悔しいですね!

数学は90点なのですが、実は正解していて、マークミスで6点失ったとのこと。

その6点があれば学年4位だったのだそうです。

いや~もったいない。

とはいえ、これが学校の期末テストで本当に良かった。

このミスを今の内に体験しておけば、入試本番で同じミスはしないでしょうからね。

それにしてもえぐいですね西中・・・。

なんでも1位と2位はサナ〇っ子ということで、私山口も歯噛みする思いですがいいーーーんです!!!(ジョン・カビラ風)

彼の場合はもうすでに、英検準2級も取ってしまって、英文法は高校2年生まで終了、予定では中学3年生で英検2級を取ってしまって、高校1年生、遅くとも2年生の夏には準1級を取ってしまう予定です。

もちろん、そんなに英語や数学を先取る必要があるの??という疑問もあるかもしれませんが、しつこいようですが、高校受験が最終目標ならまったく必要ありません。

ただし、今この重たい英語をいち早く終わらせることができれば、高校に入ってからしっかりと部活に打ち込みつつ、大学受験を見据えつつゆとりを持って、学習計画を立てられますからね。

受験で一番時間と労力がかかる英語を、やらなくてよくなるんですよ??(もちろん、英語力を維持するために、最低限の学習は必要になるでしょうが)。

いわばこれは知識の先行投資。

受験対策はガンガン進めてしまって、ぜひぜひ日本を代表するサッカー選手になってほしいと心から願っております。

ちなみにですが、単純な英語力であれば、今すぐ英検2級を受験してもいいくらいなのですが、本人も気づいている通り、おそらく現時点では語彙力、つまり英単語とイディオムの暗記が足りません。

逆に言えば、ここさえ何とかなれば今すぐ受験してもいいくらいなのですが、ここにこそ地道な努力が必要になります。

中学生のみなさん、できれば中学生の内から、英単語を覚えることの重要さ、そして大変さを知っておいてほしいです。

公立高校受験対策ならば、そこまで英単語を覚える必要はないのですが、そうして付け焼刃で第一志望の高校に合格しても、その後の高校3年間で必ず苦しい思いをすることになります。

それを知るという理由だけでも、英検などは受験する価値があると個人的には思いますね。

【もちろん、今回悔しい思いをした中学生もいます。】

例えば同じ中学2年生の男の子、当塾で頑張っている英語と数学は90点前後取ってくれましたが、その他の教科で前回のテストよりも落ち込んでしまいました。

前回は400点を超え、自己最高を更新しただけに、ものすごく悔しそうです。

でもね、それが大切なんだと思います。

今回悔しい結果になった原因は何だと思う??と彼に尋ねてみたところ、

『僕の勉強不足でした。』と答えが返ってきました。

そう思えることが大切ですよね。

山口もそうなのですが、何か結果が出せなかったときってついつい周りのせいにしたくなりますよね。

でもそれをやっていると、永久に自分の成長につながらない。

『自分のせいじゃない!』『原因は自分以外にあるんだ!』と思い続ける限り、自己を省みて改善していく機会は永久に得られないでしょう。

今回の悔しい結果に直面して、『自分の勉強不足が原因なんだ』と思えた彼は、次回のテストにはしっかりと修正できると思います。

しかしそれにしても西中恐るべし・・・。