西高生偏差値70オーバー出ました!(※詳細は明日のブログで)

今日はラストの22時間までびっちり授業が埋まっておりますので、本日は簡潔に!

西高に通う塾生より、偏差値70オーバーが出ました!

さて、タイトルの通り詳細は明日お伝えいたしますが、とりあえずすぐにでも知ってほしいのは、『西尾高校、西尾東高校に合格したから、大学受験も何とかなる』と思っているのであれば、それは大きな心得違いであるということです。

山口が西尾に来てから早10年、このたったの10年で高校事情も大きく変わりました。

はっきりと言ってしまえば、西尾高校も西尾東高校も10年前とは大きく変わってしまったということです。

西尾高校と言えば、名大はもちろん、東大京大合格者も出しており、それは今でも大きな変化はありませんが、真ん中から下位にかけての層が大きく様変わりしました。

偏差値が50を下回る生徒も普通に100人近くいますし、残念ながらその成績では難関大はおろか、中堅大学の合格も覚束ないでしょう。

西尾東高校はさらに顕著で、かつては同じく名大や名工大の合格者も出しており、南山大学などには100名以上の合格者を毎年出しておりましたが、今ではその影も見られません。

しつこいようですが、山口は何か嫌がらせを言っているわけではなく、ただただ合格実績という数字を見たり、体験授業をやらせていただいた所感から、客観的なお話をしているだけです。

不用意に貶める発言をしているわけではありません。

それを明日、当塾の2名の塾生の模試の結果を基にご説明させていただきます。

高校の合格実績はそれ以上でもそれ以下でもありませんし、実績が下がることはあっても、大きく上がることなどほとんどありえません。

ですので、おそらくは来年も再来年も、同じような合格実績になるか、若干下がるくらいに思っていた方がいいです。

何の根拠もなく、(まあ自分は何とかなるだろう。)と楽観的に構えていたら、取り返しのつかないことになる可能性があることを念押ししておきます。

時間は有限なのですから。

そんなわけで、本日は本当に時間がありませんのでこの辺で…。