東高3年生男子、模試の結果が一気に100点以上UP!

今日はこの後体験授業ですので簡潔に!

タイトルの通りなのですが、東高3年生のとある男子塾生、先日の駿台ベネッセの模試の結果がなんと少し前の模試の結果(6月)よりも100点以上UP!

本人の許可を取っておりませんので、詳細などはご紹介できませんが、東高の順位も学年11位まで大幅に上がりました!(とはいえ、山口はあまり高校の順位などはそれほど気にはしていないのですが…)。

ご本人はいわゆる『リア充男子高校生』と言った感じで、いかにもクラスの人気者、口癖が『モチベ上がんないんすよね~』でなかなか憎めないキャラクターだったのですが、ここに来てやっと大爆発したといったところです。

このまま行けば、おそらくは第一志望合格は手堅いのですが、とはいえこの時期の油断慢心は禁物、しっかりと兜の緒を締めてのこりの3か月弱を過ごしていきたいところです。

こちらの塾生の保護者様は、面談の際にお父様とお母様が交互に来られる感じで、ご家族で受験を共有されていることが伺えます。

もちろん、世のお父様もお母様もご多忙を極められているので、なかなか難しいとは思うのですが、ぜひぜひご両親ともお子様の受験に積極的に関わっていただけると嬉しいですね。

さて、彼が当初ニガテとしていた英語に関しては、ここまでMAXの負荷をかけて超難関校の英語対策を取ってきたので、逆にここからは共通テストに向けて負荷を下げていきます。

本人にとってはこの数か月は本当にきつかったと思いますが、この3か月弱は逆に緩やかな指導に切り替えて、本番で100%の力を発揮できるように仕上げていく予定です。

え!

3か月弱!?(白々しい)

いや、もう早いもので大学入学共通テスト本番まで3か月切ったんですね…。

なんかもうここまでくると、漫画だのスマホだので息抜きなんて考えないでください。

心配しないでも、そんなもので学習効率なんて落ちませんから。

君が後悔しないのであれば、スマホでも何でも触っていいと思います。

ただし少しでも後悔する可能性があるのであれば、たかだか3か月程度のスマホは我慢してほしいと思います。

【文章で文法を伝えるのは難しい!】

たま~に山口は英文法のことをブログで取り上げたりしておりますが、(え!何言ってるのか全然分からないよ!!)という中高生の方もいらっしゃると思います。

心配しないでください。

文章や動画だけで何かを理解するのは本当に難しいのです。

そもそもそれで理解できるのであれば、世の中にこれほどたくさんの参考書は必要ないでしょうし、塾や予備校も必要ありません。

参考書や動画では100%理解することが難しいからこそ、これだけの学習塾が存在するのです。

さらに言えば、一口に英語がニガテと言っても、何をニガテとしているかは千差万別。

全員が全員異なるので、一つのコンテンツで全員が理解できることなどありえません。

ただ、マンツーマン指導であれば、みなさんそれぞれがニガテとしているところを探り当てて、必要な対策を取ることができます。

『完全1対1』と聞くと、ひと昔前のイメージでは『学校の授業についていけない生徒のためのもの』といった感じなのかもしれませんが、実のところそうではありません。

それは当塾の合格実績や塾生の成績が物語っています。

旧帝大や早慶上智、医学部といった超難関校の合格者も出ていますし、偏差値が70、80を超える中高生も当塾を選んでくれています。

だからといって『完全1対1のマンツーマン指導』が万能であるとは言いません。

集団塾だろうが映像授業だろうが、オンライン授業だろうが、結果さえ出ていれば何でもいいと思います。

ただし、1年2年通って結果が出ないのであれば、それはもしかしたら今の学習環境に何らかの問題があるのかもしれません。

全ての学習塾が無料の体験授業なり、説明会を開いているのはそのためです。

学習の機会や選択肢はひとつではありません。

ぜひぜひたくさんの学習塾や予備校の体験授業や説明会に参加して、様々な可能性を探っていただけると嬉しいです。

もう当塾なんて人畜無害!

体験授業を受けても個人情報など一切伺いませんし、業界用語でいうところの『追っかけ電話』も一切いたしません。

個人的には、本当に必要だと思っていただけるのであれば、そんな必要はまったくないと考えております。

そんなわけでぜひぜひお気軽に…と言いたいところなのですが、なかなかスケジュールも詰まっておりますので、少しお待たせする可能性があることだけお伝えさせていただきます。

それでは本日はこの辺で!

いつもご拝読ありがとうございます。