お久しぶりです!

ここは女子校かい!

久しぶりに元気な塾生のみなさんに会えると思ったら、自習に来ているのはほとんど女子。

いや、メンズ諸君、まぁ自分もかつてそういう男子だったので気持ちはよ~く分かるのですが…、自習来てね!

そんな中、気づけば各中学校の中間テストや実力テストの結果が返ってきましたが、一色中3位、西尾中3位などの好成績を筆頭に、学年上位10%以内の素晴らしい結果をたくさん見せてもらえて、もう山口大満足ですね!

いや、大手学習塾のように、分母が大きければ、そりゃあいると思うんですよ。

でもうちのように、超少人数体制の学習塾で、これだけの成績優秀者が出ているというのは、本当にすごいことだと思うんです(”自分で言うな!”って感じですが…)。

もちろん、これはただただひたすらに、塾生のみなさんの不断の努力によるものであることは言うまでもないのですが。

逆に、成績が下がってしまって悔しい思いをした塾生もいます。

でも大丈夫。

君が自習にも来ずに勉強をサボっているのであればもちろん無責任に『大丈夫』などとは言えないのですが、日ごろの愚直なまでの地道な努力を知っているから自身を持って『大丈夫!』と言えます。

短期的なテストの結果に一喜一憂しないでください。

逆に言えば自分の予想を超えるような好成績が出たのだとしても、それにかまけて復習を怠るようであれば、実際の入試本番の結果を保証することなどできません。

成績が下がったのであれば、何が下がったのか?何が原因で下がったのか??をしっかりと追及してください。

そして全ての改善点を私たちに質問に来てほしいです。

テスト直しはテスト勉強の3倍の時間と労力をかけてくださいね!

そんなわけで、普段は大学受験の話ばかりさせていただいておりますが、当塾ではこうして中学生もバリバリ頑張っています。

というよりも…。

高校生の頃よりも中学生、中学生の頃よりも小学生の方が、大學受験においては重要です。

大学受験を家の完成に例えるならば、小学生は基礎工事、基礎工事がままならない家など、見栄えはそれなりのものに仕上がるかもしれませんが、何かあればすぐに崩れ落ちてしまう砂上の楼閣のようなもの。

まず失敗します。

とはいえ、中学受験でもやらない限りは、小学生の頃から大学受験を意識して学習することなど難しいでしょう。

だから中学生の頃がとにかく大切なのです。

貴重な中学生の頃に、新研究やワークをひたすら埋めたり、漢字の書き取りを脳死状態で繰り返すような学習習慣をつけてしまうと、質と量共に膨大な大学受験の学習などできるわけがありません。

だから当塾では、中学生に対しても大学受験を意識した学習をできるよう指導させていただいています。

当塾の中学生はみな素晴らしい頑張りで素晴らしい結果を出してくれていますが、正直それは二の次です。

日頃はノー勉で、テスト1週間前だけしゃかりきに勉強するやり方でも、それなりにいい成績は取れてしまいますが、そんな結果には何の意味もないのです。

むしろ、『なんだ、テスト前だけ勉強しても、第一志望に合格できるじゃん!』と思いながら高校生になって、誤った学習習慣のまま1年2年過ごすくらいなら、早い段階で厳しい結果が出た方がまだ全然いいです。

そうは言っても、内申点がありますのでもちろん成績がいいに越したことはないんですけどね。

そんなわけで公立高校入試まであと5ヵ月、今年度は正直、全員第一志望合格というのは厳しいかもしれません(それでも9割は超えると思いますが)。

愛知県の公立高校入試はありがたいことに、第二志望まで受験することができますので、高校受験で失敗するなどということはまずないのですが、それでも当然今年も第一志望合格率100%にこだわっていきたいです。

それにしても自画自賛になってしまいますが、当塾の塾生は全員素晴らしい!

最初は勉強が大嫌いだった中高生のみなさんが、少しずつ少しずつ成長して、自習に来る回数が増えていくのを見ると、もう本当に嬉しいですね。

いつもいつもギャーギャーやかましくてごめんなさい。

だけど嫌な顔一つせず、素直に話を聞いてくれる当塾の塾生を本当に誇りに思います。

【というわけで、お休み期間中に超大掃除をしました】

とはいえ、当塾は教室内土足厳禁ですし、基本的にいつでもきれいなんですけどね。

もう日付変わってしまっていますので、いよいよ大学入学共通テストも残り3か月ほどとなりました。

消毒もしっかりとしまくって…

完成ですね!

少し余談になってしまいますが、これは塾生・非塾生に関係なく、中高生のみなさんはしっかりとマスクを着用してくださいね。

君が対策を怠って感染して、自分にだけ被害が及ぶ分には構いませんが、それで周りのお友達を巻き込むことは許されません。

ウィルスなので、万全の対策を施しても、感染してしまうときはするでしょうし、それについてまでは咎められるいわれはないでしょう。

しかしながら、仮に君が普段からマスクをしていなくて、教室のお友達が感染してしまったならば…、真っ先に疑われるのは君です(たとえ真実はそうではなかったとしても)。

そうなったときに、もしも君のお友達が受験をできなかったとして、君は彼や彼女の人生を狂わせてしまった責任を取れるのでしょうか?

だから常日頃からマスクをして、手洗いうがいなども徹底してください。

風邪の予防にもなりますしね。

そして恐ろしいことに、昨年度の大学入学共通テストで、マスクを鼻にかけていなかったという理由で受験失格、逮捕されてしまった受験生がいました。

その人はそもそも中高生ではありませんでしたし、6回も注意されていたそうなのですので、まあ若いみなさんはよっぽどそんなことはしないでしょうが、とにもかくにもどうやら入試本番は、『マスクを鼻までかけておかないと失格』みたいですね。

基本的に、山口もマスクは好きではありませんし、鼻までかけていると息苦しさを感じることもあります。

でもだからといって、マスクをしなくてもいい理由にはなりませんよね?

だから今のうちに慣れておいてください。

マスクをかけていても、100%の力を発揮できるように、日ごろから習慣づけておきましょう!

しかしマスクをしていないだけで逮捕になるなんて・・・、あらためてコロナが憎い!