“He is not taller than I am.”と”He is no taller than I am.”はまったく違う意味なんやで!(※前編)

先日のこと。

この文章の質問を頂戴しました。

“Men were certainly found to be no more likely than woman to discuss “important” or “sophisticated” subjects such as politics, work, art, and cultural matters.”

えぐいやん。

これ、一橋大学の問題やん!

※一橋大学の英文は、経済・科学・グローバル・医学・インターネット・教育など多岐に渡り、しかも小説を『原文ママ』で出題するという、結構な鬼畜大学です。

それはさておき。

これに取り掛かる前に、”no”と”not”が全く違うということを知っておかなければなりません。

(どっちも否定やん)と思われるかもしれませんし、まあそうっちゃそうなんですけど、『働きがまったく違う』と思ってください。

【中学生にも理解してほしい、”no”(形容詞)と”not”(副詞)の違い】

これはもうぜひぜひ、中学生にも理解してほしいですね。

形容詞…名詞のみを修飾する

副詞…名詞以外の全て(主に動詞)を修飾する

まあ例文で説明した方が分かりやすいですよね!

①”I have no money.”

これ、もちろん意味的には『お金をまったくもっていない。』になるんですけど、よ~く見てください!

正しくは『私は 持っている ゼロ円のお金を』ではありませんか?

そう、この文章の”no”は、”have”ではなく、”money”という名詞にかかっているんです!

では”not”を使うならどうするのかというと…

②”I don’t have money.” ⇒ ”I do not have money.”

そう、この”not”は間違いなく動詞である”do” “have”にかかっているので、『私は 持っていない お金を。』となります。

なお、①は『所持金0円』で、②は『少ないけどいくらか持っている。』みたいな感じで。

“not”は部分否定ですので。

もしも②の文章で『1円も持っていない!』という意味にしたいのであれば、”I don’t have money at all.”にしなければなりません。

①の方がシンプルですね。

というわけで、今日は一旦ここまで!

①”no”は形容詞で名詞だけを修飾する!

②”not”は副詞で、主に動詞を修飾する!

これを理解しておかないと、冒頭で紹介した一橋大学の英文はまったく訳せません!

恐ろしいことに、①と②の違いはとんでもなく大きいのに、(まあ何となく否定なんでしょ??)と思っている中高生が非常に多いということ。

公立高校入試までなら、それでも何となくいけちゃいますけど、大学受験レベルの難文こそ、しっかりと基本をマスターしておく必要があります。

もう一度念を押しておきますが、①と②の違いを理解しておかないと、大学受験レベルの英語では痛い目にあいます。

それでは続きは次回ということで…。