ここ愛知県にも、全国一の私立中学・高校があります

ここ最近やたら関東地方の中学受験の話を引き合いに出しているため、(なんだなんだ?山口は関東に憧れてるのか??)と思われそうですが、決してそんなことはありません!

ここ愛知にも・・・というよりも、愛知には『全国で一位の中高一貫私立』の学校があります。

それが『東海高校』ですね。

(※もちろん他にも、滝・名古屋・愛知・南山・海陽・淑徳・名城・中京・愛工大名電などの素晴らしい私立高校はあるのですが、今回は東海高校のお話をさせていただきます。

【医学部合格者数全国一位!】

『東大よりも医学部』と言われる昨今において、医学部合格にこれだけの実績を持っているのは本当にものすごいことです。

また、東大よりも研究色の強い京都大学の方に多くの合格者数が出ているということも東海高校の特色かもしれません(すみません、あまり詳しくないのであまり根拠のない独り言です)。

ただ余談ですが、こんなにものすごい東海高校でも、偏差値が40を切ってしまっている高校生に、私は会ったことがあります。

これは前職で実施していた、『医学部セミナー』というイベントに担当者として足を運んだ時の話ですが、正直、東海高校には偏差値が60を下回る生徒はいないだろうなと勝手に先入観で思い込んでいたので、本当に衝撃でした。

東海高校は良くも悪くも放任主義、脱落していく生徒がいても、特に手厚いケアをしてくれるわけではありません。

しかしながらその生徒の自主性を重んじる教育方針が、このような実績を作っているのかもしれません。

ただ、何でもかんでも自主性に任せていいとも思えません。

これは『東海高校受験』という、本当に厳しい受験を潜り抜けてきた集団だからこそ成り立つことだと思います。

余談ですが、当塾では岡崎高校に合格した塾生が、滝高校は不合格でした。

単純比較はできませんが、東海や滝とはそれくらい厳しい高校です。

そんなわけで、実はここ愛知県にも、全国に誇る、というよりも全国一の中高一貫私立の学校があります。

なぜこんなお話をしたのかというと、たまたま偶然ここ最近、中学受験の相談が3件ほど重なったからです。

いや、本当にありがたいお話です。

そんなわけで、久しぶりに中学受験、東海高校や滝高校の受験に興味が湧いて、過去問集を買いに精文館書店に行ったのですが…、残念ながら販売しておらず!

というわけでAmazonのお世話になろうかと思います。

もし東海高校や滝高校の受験に興味がある中学生がいましたら、いつでもお気軽にお声がけください。

ただしめちゃくちゃハードです。

東海高校受験は少なくとも、英語と数学については中学2年生の終わりには中学校の内容が一通り終わっていて、可能であれば最後の3年生は高等数学や高等英語に入っていることが望ましいです。

数学については、何も高校生の問題がそのまま出題される、なんてことはないのですが、高校の単元を触っておいた方が入試で圧倒的に有利です。

というのも、東海中そのもののカリキュラムが、中学3年生の時点で高校の内容を一通り触ってしまっているので、高校に入学した時点でもうすでに大学受験対策に入ってしまっているのです。

ですので、中学3年生の段階で、『東海高校を受験する上で、効果的に使えそうな高校の単元』まで終わっていることがベストです。

英語に関して言えば、高校の単元は全部終わっていてもいいくらいですし、それは十分に可能です。

当塾の塾生でも、『中学1年生で中学の単元全て終了』『中学2年生で高校の単元全て終了』『中学3年生で難関大対策』までやり切った卒塾生が2名います(※いずれも慶應高校に進学しました)。

もちろん楽とは言いません。

ただ、楽ではありませんが、本人のやる気次第では可能です。

逆に言えば、やる気がなければまったくの絵に描いた餅になってしまいますが・・・。

そんなわけで雑談レベルでも構いませんので、もし興味がございましたらいつでもお声がけください。

『そんな世界があるんだ!』と知るだけでも、高校に入ってからの学習が有利に進められると個人的には思っています。

前の記事

昨日のブログの続きです