究極のテスト直し!私立組のみなさんは実は今が一番伸びる時!!!!

いよいよ私立大学入試が本格化し始めて、自習室がガラガラになったのですが・・・。


あっかーん!


あかんで君たち!


今が一番伸びるんや!



というわけで1名の塾生のお母様に、『受験本番で本当にきついとは思いますが、I君に教室に来るよう伝えてください』とメールをしました。


最初に言っておきます。


高校3年生諸君、中でも私立組のみなさんは、今ここで頑張らないとあかん。




さてこちらのI君、早速一週間前に受験したという某大学のテスト直しをやったのですが・・・残念ながら半分くらい間違えていました。


しかも、いつもなら間違えないような問題もケアレスミスしており、当然ご本人も相当凹んでしまいました。



もちろん、今しがた受験したばかりの大学のテスト直しをして、その問題を結構間違えてしまっていたら、そりゃあショックですよね。



でもそこでテスト直しして再確認した問題は、もう絶対に間違えません。

約束します。


その結果がこれです。




こちらは昨日I君が受験した某大学のテスト直し。


なんと半分程度の正答率だった文法問題が、たったの一週間ほどで驚異の90%越えです。


特に最後の問題、仮定法の時制の問題だったのですが、何と一週間前に受験した大学でも、まったく同じ問題が出ていたのでした(※残念ながらその問題は間違えてしまいました・・・)。


まあこの問題、本来ならばI君も間違えるようなものではなかったのですが、受験本番では往々にしてこういうケアレスミスが起きてしまいます。


もちろん、今回は余裕の正解でしたね!




とにもかくにも、あまり無責任なことは言えませんが、I君が昨日受験したこちらの大学、多分合格だと思います。




しかし当り前の話ですが、辛いことから逃げている受験生には同じことは起きません。


連日の受験で、もちろん心身共に疲弊しているとは思いますが、ここで気持ちを奮い立たせて、自分のミスに向き合える受験生だけにこれが起きます。



あともうひとつ、愛知県の私立大学の入試問題、ほとんどどこも同じです。




高校3年生のみなさん、せっかくお金を出して受験したのですから、絶対に受けっぱなしにはしないでください。




毎年恒例のことですが、このテスト直しならぬ『受験直し』をやった受験生は、E判定からでも逆転合格できます。


こちらはもう10回目の登場でしょうか、昨年度東高で常に300番台だった女の子の逆転合格体験談です。


2月前半から中盤にかけて受験した大学はほぼ全滅。

もちろん、中京大学や名城大学の合格もゼロ。


余りに辛過ぎて、移動のバスの中で吐いてしまったのだそう・・・。


しかし、泣きながら最後まで頑張った彼女を、受験の神様が見捨てるはずがありません。




こちらの女の子、最後まで偏差値は40くらいでしたからね。


もちろん彼女の第一志望だった中京大学も、模試ではすべてE判定。


D判定すらただの一度も出ませんでした。



自分は『たった半年でE判定からの逆転合格!』なんてのは一切信じていません。


本当に頑張った受験生にだけ、こういうミラクルが起きると確信しています(※もちろん、ご本人の努力によるものなので、奇跡というのは大変失礼なのですが)。



塾生に限らずですが高校3年生のみなさん、あとたったの1ヵ月程度でみなさんの人生が決まります。


今頑張らないでどうすんのさ?



君の残りの60年とか70年が、この1週間で決まるんや。


全力で頑張らんかい!