続々と私立大学、私立高校合格の報告をいただいております!

厳しいことを言ったりもしますが、さすがは当塾の塾生、今のところ順調に合格の報告をいただいております。


もちろん、中高生のみなさんにとって、本命はまだまだこれからという塾生がほとんどですので、静かに山口が心の中で浮かれる程度に留めておきます。



毎年毎年思うのですが、山口は『うちの塾生は絶対に全員第一志望に合格する!』と確信しております。


そうなんです、本気でそう思っているんです。


そうじゃなければ、利益を度外視して『高校2年生は12月以降は新規ご入塾をお断りする』なんていう前代未聞のルールを設けたりはしません。


調べたことはありませんが、おそらくそんな塾は全国でもうちだけじゃないでしょうか?(※違ったらすみません)。



だからこそ、今いる中高生のみなさん、全員が第一志望に合格できると確信しています。


ちょっとずるいかもしれませんが、

『FIXは勝ち戦しかしない』

のです。




正直、(これはちょっと厳しいかもしれない…。)と思ったらお断りしています。






話は反れますが、本来学習塾とはそうあるべきだと思います。


中学受験などはその典型なのですが、本当に厳しい中学受験専門の学習塾は、本当に厳しい入塾テストを用意していたり、『小学校5年生以降はお断り』という厳しい制限を設けていたりします。


それは言うまでもなく、『合格する可能性がない受験生をふるい落とすため』なのです。


一見残酷なようにも見えますが、中学受験にはものすごい大金がかかってしまうため、合格する見込みがない小学生を入塾させるのは、『お金だけを頂戴している』のも同然なのです。




そういったわけで、改めてとなりますが、山口は今通ってくれている塾生は全員第一志望に合格できると確信しています。



しかしもちろん、『誰でも楽して第一志望に合格できる』と言っているわけではありません。



他の誰にも負けないくらいの努力を積み上げない限り、第一志望の合格は不可能だと考えています。



至極単純な原理ですが、世の中には信じられないような努力を積み上げている受験生がたくさんいるからです。



山口は『塾生全員が第一志望に合格できる!』と確信してはいますが、『全員がそれに見合うだけの努力をできているのか?』と問われると、自信を持ってそうだとは言えません。



そして、『自分が第一志望合格に見合うだけの努力をできているのか?』という問いかけに対して、各々が分かっているはず。


もしも自分の努力が見合っていないかもしれない・・・と思うのであれば、今すぐ覚悟を決めてください。



特に高校2年生のみなさん、いよいよ大学入学共通テスト本番まで『あと11か月ほど』しかありません。



国公立志望ならば、『1教科あたりにかけられる日数は2か月弱』ということになります。


毎年同じことを言っていますけどね。



現時点でA判定やB判定が出ている高校2年生ももちろんいますが、当塾を選んでくれている以上、全員が例外なく


『平日4時間、土日祝12時間(※理系は14時間)』

を一日も欠かさず続けてください。



C判定未満の諸君は言わずもがな、たとえA判定であったとしても、絶対合格の保証などどこにもないのですから。